香川県

獣害に「スーパーモンスターウルフ」を試験導入

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
音と光で野生動物を追い払う「スーパーモンスターウルフ」=香川県三木町で、岩崎邦宏撮影
音と光で野生動物を追い払う「スーパーモンスターウルフ」=香川県三木町で、岩崎邦宏撮影

 イノシシなどによる獣害を減らそうと、香川県は音と光で野生動物を追い払う装置「スーパーモンスターウルフ」を試験導入した。

 「太田精器」(北海道奈井江町)が、野生動物の天敵とされたオオカミを模して2016年に開発した。その鳴き声や散弾銃の発砲音など計57種類の音声を最大90デシベルで発し、目はLED光…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

あわせて読みたい

注目の特集