メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バス

運転手の意識消失、検査だけでは防げず 「異常なし」でも発生

車両左側にぶつかった跡が残る「ラビット急行」の観光バス=三重県尾鷲市古戸野町で午後1時47分下村恵美撮影

 バスの運転手が運転中に意識を失って事故になるケースが相次いでいる。11月15日にも三重県内の高速道路を走っていた観光バスの男性運転手が意識をなくし、乗客が停車させる事故があった。運行していたバス会社によると、運転手の健康状態に異常はなかったという。国土交通省はバス事業者に対して脳疾患などの検査を推奨しているが、専門家や労働組合からは「検査だけでは根本的な解決にならない」との指摘が出ている。【統合デジタル取材センター/江畑佳明、宇多川はるか】

この記事は有料記事です。

残り2078文字(全文2301文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです