メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中野繁さん

日本人初、米魚類野生生物局「ヒーローズ」選出 37歳で死去、多くの後輩育てる

在りし日の中野繁さん=友人の徳田幸憲さん提供

 元京都大助教授で、川と森の生態系のつながりを実証した中野繁さんが今年6月、環境保全への貢献を認められ、米内務省の魚類野生生物局から「コンサベーション・ヒーローズ」に選ばれた。2000年、海難事故により37歳の若さで生涯を閉じたが、その遺志は国内外の生態学者に受け継がれている。【阿部周一】

 6月、米ウェストバージニア州にある魚類野生生物局の研修施設に1枚のパネルが飾られた。写真の中で、大きなニジマスを手にした中野さんが笑みを浮かべている。

 米国で野生生物保護を所管する同局は1998年から「ヒーローズ」の顕彰を始め、これまで著書「沈黙の春…

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2451文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです