メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『素敵なご臨終』廣橋猛・著

患者と家族をいたわる有意義な緩和ケアとは

◆『素敵なご臨終 後悔しない、大切な人の送りかた』廣橋猛・著(PHP新書/税別880円)

 日本人的美徳なのか、病気になっても痛みを我慢しがちで、痛み止めは最後の手段とばかり、ギリギリまで飲まないという患者は少なくない。だが、ここ最近の研究でも、特にがん患者の痛みの緩和において、〈痛み止めは時間を決めて、弱いものから順に〉〈痛み止めは痛くなる前に予防で使う〉ことの有効性や、早期からの緩和ケアの重要性が強調されている。それが患者や家族のQOL(生活の質)を高めることにつながるからだ。

 見ようによっては、厳しいことも書かれている。たとえば、転移、再発の抗がん剤治療は延命治療に過ぎず、…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです