メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『モスクへおいでよ』瀧井宏臣・著

なぜこんなにも急速に16億人の心をつかんだか

◆『モスクへおいでよ』瀧井宏臣・著(小峰書店/税別1500円)

 伝統ある宗教は人間の深奥を探求する哲学を内包していることが常であり、私たちに多くのことを教えてくれる。だがそれが宗教である以上、最終的な局面ではどうしても「信じるか、信じないか」の二者択一を迫ってくる。子どもの頃から科学的思考による教育を受けてきた現代の日本人には、これがつらい。

 もう一つ、私たちは長い間、多神教の社会で生きてきた。生まれたときのお宮参りに始まり、クリスマスを楽しみ、初詣に出かけ、チャペルで神に愛を誓い、やがて葬式では仏さまの世話になる。神社仏閣では自然に頭を下げるし、パワースポットを巡ったりもする。特定されない「人間以上の存在」を敬うことは身についているが、一神教の神さまに「私だけを信じよ」と求められるとたじろいでしまう。とくにイスラム教となると、過激派…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです