メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
大学関連

着物の魅力知って 形を生かしたファッションショー 共立女子大が12月1日

着物のファッションショーに参加する(左から)共立女子大家政学部4年の島田怜華さん、石塚里菜さん、桂沙織さん、山久保泉さん

 着物の魅力を知ってもらおうと、共立女子大(東京都千代田区)家政学部の宮武恵子教授のゼミナール生らが12月1日、着物のファッションショーを千代田区役所で開催する。環境に優しい取り組みを紹介する区主催のイベント「エコ&サイクルフェア」で披露される。

     参加は今年で3回目。被服学を学ぶ2~4年生計11人が参加する。2020年に東京五輪・パラリンピックを控え、日本文化が見直されていることや、昨年秋に開催したお年寄り向けの着物イベントが好評だったことから着物をテーマに選んだ。

     リメイクすると余ったはぎれがごみとして出てしまうため、着物の形を生かしながら着こなす方法を考えた。学生らは、色鮮やかな着物を上下逆さに羽織ったり、袖の部分を結んだり、ベルトやサスペンダーなどの小物と合わせたりするなど、若者らしいアイデアを盛り込んだ。会場にはそのほか、使わなくなった法衣を材料に作ったパーティードレスや小さい着物を大きく仕立てたものなども展示される。

     ファッションショーに参加する同大家政学部4年の山久保泉さん(21)は「着崩すことで雰囲気が変わる柄の見せ方を考えた」、桂沙織さん(22)は「コーディネートがシンプルになるように心がけた」と工夫した点を語った。島田怜華さん(22)は「学年の壁を越えて関われることが楽しい」と話し、石塚里菜さん(22)は「参加できて楽しい。高校生に大学で学べることを知ってもらいたい」と笑顔を見せた。

     ファッションショーは、同区役所1階ロビーで午後0時40分、午後2時の2回開催。問い合わせは千代田エコシステム推進協議会(03・5211・5085)。【丸山仁見】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
    2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
    3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
    4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
    5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです