メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム編集で双子 「必要な場合に限定」実施の研究者発言

 【ワシントン共同】受精卵の段階でゲノム編集技術を使い、遺伝子を改変した双子を誕生させたと主張している中国の研究者が、技術の利用について「安全面で大きなリスクを負わせるため、医療上の必要性が高い場合に限るべきだ」などとする倫理原則を提言する論文を26日、米専門誌電子版に発表した。自身の行動と矛盾しており、批判的な反応が予想される。

 研究者は深セン市にある南方科技大の賀建奎(がけんけい)副教授。誕生したとする双子について、エイズウ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです