メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

ゲノム編集で双子 「必要な場合に限定」実施の研究者発言

 【ワシントン共同】受精卵の段階でゲノム編集技術を使い、遺伝子を改変した双子を誕生させたと主張している中国の研究者が、技術の利用について「安全面で大きなリスクを負わせるため、医療上の必要性が高い場合に限るべきだ」などとする倫理原則を提言する論文を26日、米専門誌電子版に発表した。自身の行動と矛盾しており、批判的な反応が予想される。

 研究者は深セン市にある南方科技大の賀建奎(がけんけい)副教授。誕生したとする双子について、エイズウ…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文429文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. 妻のがん闘病支えるパキスタン人男性 在留特別許可求め提訴 

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです