メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートピックス

「マルセル・デュシャンと日本美術」展 創作の実体、堪能

 男性用小便器にサインを入れ作品化した「泉」であまりにも有名なマルセル・デュシャン(1887~1968年)。西洋の芸術観に革命をもたらし「現代美術の父」と称される。東京国立博物館(上野)で開催中の本展は半ば神話化されてきた創作の実体が堪能できる。

 2部構成で、第1部では米フィラデルフィア美術館が擁する最大のデュシャン・コレクションを中心に約150点を展示する。母国フランス、後に国籍を取得した米国での活動を彼の言説と併せて時系列で紹介。作品と表裏一体の、知略に満ちた人となりも浮かぶ。

 見どころの一つは20代半ばまで制作した絵画。穏当な印象派風を経てキュービスムに共鳴した作品を制作し…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです