メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートピックス

「マルセル・デュシャンと日本美術」展 創作の実体、堪能

 男性用小便器にサインを入れ作品化した「泉」であまりにも有名なマルセル・デュシャン(1887~1968年)。西洋の芸術観に革命をもたらし「現代美術の父」と称される。東京国立博物館(上野)で開催中の本展は半ば神話化されてきた創作の実体が堪能できる。

 2部構成で、第1部では米フィラデルフィア美術館が擁する最大のデュシャン・コレクションを中心に約150点を展示する。母国フランス、後に国籍を取得した米国での活動を彼の言説と併せて時系列で紹介。作品と表裏一体の、知略に満ちた人となりも浮かぶ。

 見どころの一つは20代半ばまで制作した絵画。穏当な印象派風を経てキュービスムに共鳴した作品を制作した。物議を醸した「階段を降りる裸体 No・2」は人体の動きを機械仕掛けの連結体のように表現。工学への強い関心がうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです