メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

「分断された世界」のなかで=浜崎洋介(批評家)

 11日にパリ凱旋門で行われた第一次世界大戦終結100年記念式典は、くしくも、過去と現在の政治課題が、その本質において何も変わっていないことを示していた。約70カ国の首脳が参加した式典の裏で、まさに第一次世界大戦後に展開されたのと同じ、「ユートピアとリアリティの対立」(E・H・カー『危機の二十年』)が演じられたのである。

 「ユートピア」の側にはマクロン仏大統領が、「リアリティ」の側にはトランプ米大統領が立っている。マクロン氏が「愛国主義はナショナリズムと正反対のものだ」と言って国際協調をアピールする一方で、トランプ氏は、各国首脳との行進に加わらず、その後の「平和フォーラム」も欠席して、パリ郊外の駐留米軍を訪問したという。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです