メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

「分断された世界」のなかで=浜崎洋介(批評家)

 11日にパリ凱旋門で行われた第一次世界大戦終結100年記念式典は、くしくも、過去と現在の政治課題が、その本質において何も変わっていないことを示していた。約70カ国の首脳が参加した式典の裏で、まさに第一次世界大戦後に展開されたのと同じ、「ユートピアとリアリティの対立」(E・H・カー『危機の二十年』)が演じられたのである。

 「ユートピア」の側にはマクロン仏大統領が、「リアリティ」の側にはトランプ米大統領が立っている。マクロン氏が「愛国主義はナショナリズムと正反対のものだ」と言って国際協調をアピールする一方で、トランプ氏は、各国首脳との行進に加わらず、その後の「平和フォーラム」も欠席して、パリ郊外の駐留米軍を訪問したという。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです