メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

市原隼人 「市原隼人 幻のスペイン財宝船を追え!」第2夜 知らない世界、鮮明に

「市原隼人 幻のスペイン財宝船を追え!」第2夜(BS-TBS4K=12月1日午後7時)出演

 この夏の収録時、歴史の重みを感じて「鳥肌が止まらなかった」。新チャンネル「BS-TBS4K」の開局記念番組「市原隼人 幻のスペイン財宝船を追え!」の第2夜が、来月1日に放送される。米国フロリダ沖で、市原がトレジャーハンターと数百年前に海中に沈んだスペイン財宝船の探索に挑む(15日午後7時の再放送はBS-TBSでも放送)。「船が多く、今よりも海にドラマがあった時代。世界は陸が3割、海が7割と考えると、僕らが知らない世界がもっとたくさんある」と目を輝かせる。

 過去にもTBS系の番組で海底の財宝発掘に同行。番組内で「(テレビの)仕事だから来ている。そんな気持ちだったら、はなから受けてない」と言うほど真剣に挑んできた。今回も「気持ちは冒険に出たトム・ソーヤ。流れる水ってきれいだなとか、純粋な小学生のような感覚で現場にいました」と話す。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです