メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在阪4楽団

来季の動向 とことんR・シュトラウス 春には佐渡裕指揮で合同オケ

(左から)大阪響正指揮者に就任する太田弦、大阪フィル音楽監督の尾高忠明、関西フィル音楽監督のオーギュスタン・デュメイ、センチュリー響首席指揮者の飯森範親=大阪府豊中市で、田中博子撮影

 在阪4楽団(4オケ)が2019年度のラインアップを発表した。例年は個別に発表しているが、近年は連携を強めており、今回初めて合同で記者発表をした。4オケの共同事業として、R・シュトラウスの没後70年を記念した「とことん リヒャルト・シュトラウス」企画も実施する。

 「とことん」は来秋、4オケが各定期演奏会でR・シュトラウスを特集する。主な曲目(カッコ内は指揮者)は大阪交響楽団が交響詩「ドン・ファン」(川瀬賢太郎)、大阪フィルハーモニー交響楽団が交響詩「死と変容」(尾高忠明)、関西フィルハーモニー管弦楽団が「メタモルフォーゼン(変容)」(オーギュスタン・デュメイ)、日本センチュリー交響楽団がオペラ「ばらの騎士」組曲(飯守泰次郎)。

 さらに15年から毎春、開催してきた「大阪4大オーケストラの響演」は来年4月20日、特別企画として合…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1255文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです