メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在阪4楽団

来季の動向 とことんR・シュトラウス 春には佐渡裕指揮で合同オケ

(左から)大阪響正指揮者に就任する太田弦、大阪フィル音楽監督の尾高忠明、関西フィル音楽監督のオーギュスタン・デュメイ、センチュリー響首席指揮者の飯森範親=大阪府豊中市で、田中博子撮影

 在阪4楽団(4オケ)が2019年度のラインアップを発表した。例年は個別に発表しているが、近年は連携を強めており、今回初めて合同で記者発表をした。4オケの共同事業として、R・シュトラウスの没後70年を記念した「とことん リヒャルト・シュトラウス」企画も実施する。

 「とことん」は来秋、4オケが各定期演奏会でR・シュトラウスを特集する。主な曲目(カッコ内は指揮者)は大阪交響楽団が交響詩「ドン・ファン」(川瀬賢太郎)、大阪フィルハーモニー交響楽団が交響詩「死と変容」(尾高忠明)、関西フィルハーモニー管弦楽団が「メタモルフォーゼン(変容)」(オーギュスタン・デュメイ)、日本センチュリー交響楽団がオペラ「ばらの騎士」組曲(飯守泰次郎)。

 さらに15年から毎春、開催してきた「大阪4大オーケストラの響演」は来年4月20日、特別企画として合…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです