メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際高校生選抜書展

書の甲子園 県内から準大賞2人、渡辺さんと薄葉さん /新潟

 「書の甲子園」の愛称で知られる第27回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果が27日発表され、県内からは新潟高校2年の渡辺早紀さんと新津高校2年の薄葉美月さんの2人が準大賞に選ばれた。受賞した2人に喜びの声を聞いた。【北村秀徳】

顔真卿の書、のめり込み 新潟高2年・渡辺早紀さん

 「まさか受賞するなんて思ってもみなかったので、驚いています」。受賞の報に笑顔を見せた。中学時代はバレーボール部。高校でも同部に入るか迷ったが、達筆な父の影響でよく筆を執っていた小学時代を思い出し、「本格的に学びたい」と書道部の門をたたいたという。

 行書の手本として選んだのは、中国・唐代の書家、顔真卿(がんしんけい)の書だった。入部して2カ月、一つ上の先輩が書いていた、墨で字が潰れない、力強いタッチの作品に一目ぼれ。そこから先輩と同じ顔真卿の書にのめり込んだ。受賞作品では最後の「顔真卿」の「真」の字が特にお気に入りだ。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです