忍者百人衆

集団、江戸に現る 東京で5回目、毎日新聞記者も“変身” 表参道や渋谷で「うわっ」…伊賀PR効果抜群 /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛宕神社の石段に集結した忍者百人衆=東京都港区で、大西康裕撮影
愛宕神社の石段に集結した忍者百人衆=東京都港区で、大西康裕撮影

 100人以上の忍者姿の集団が東京の人気スポットを散策した24日の「忍者百人衆江戸で伊賀/甲賀の気配を探れ」に参加した。2014年から始まり、今年の5回で延べ532人(スタッフ含む)が首都を訪れた内外の観光客らに忍者の古里、伊賀・甲賀をPRしたことになる。

 「忍者だ」「うわっ、何これ」

 ブランドショップが並ぶ表参道や、六本木ヒルズ、東京タワーの周辺を忍者姿の集団が歩くと、すれ違う人々に驚かれた。歩いた距離は約10キロ。長距離移動には、電車を利用して、…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

注目の特集