メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

新人いじめなどのパワハラは武士の世界にもあった…

[PR]

 新人いじめなどのパワハラは武士の世界にもあった。それが江戸城内で惨劇をもたらしたこともある。1823(文政6)年、西(にしの)丸(まる)書院番の松(まつ)平(だいら)外記(げき)は受けた嫌がらせやいじめに憤激して同僚5人を殺傷したのだ▲そこはかねて古参の若手いびりで知られた職場だったという。事件が評判になったのは刃(にん)傷(じょう)が起こるや居合わせた番士らが逃げ惑い、外記は取り押さえられもせずに自害したからだ。さらに上司による事件の隠蔽(いんぺい)すら図られたという▲旗本らの卑劣、醜悪なふるまいはすぐさま世間に広まった。幕府は被害者側の改易(かいえき)や絶家、隠居などを命じ、逃げ出した番士の役を免じる一方、外記の子には家督相続を許した。事件の後、旗本の風儀は目に見えて良くなったという▲さて働く者の3人に1人がパワハラを経験しているという今日だ。いじめ・嫌がらせの労働相談件数は解雇・賃金の相談を上回っている。厚生労働省が先ごろ、企業にパワハラ防止策を法律で義務づける方針を示したのも当然である▲厚労省が取引先の常識外れのクレームなどの「カスタマーハラスメント」もパワハラの一種と見なしたのもうなずける。ただし世界的にはパワハラに刑事罰を科す国もある中、労働者側が求めたパワハラ行為自体の禁止は見送られる▲業務上適正な指導とパワハラの線引きは具体的な例が示されねば分かりにくい点もあろう。ただ企業の方も人の意欲を明るくもり立てる職場の文化革命なしに21世紀の生き残りもないと思った方がいい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです