メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

値下げ決定 地上波59円 契約急増受け

NHK受信料の値下げについて記者会見する上田良一会長(右)と経営委の石原進委員長=東京都渋谷区で2018年11月27日午後5時42分、和田大典撮影

 NHKは27日、2020年度までに今年度見込まれる受信料収入(約7060億円)の約4・5%に当たる受信料の値下げを実施すると発表した。来年10月に予定される消費増税2%分を負担する形で受信料を据え置き、20年10月から2・5%分を値下げする。値下げ相当額は、地上契約が月額59円(年間708円)、衛星契約が同102円(同1224円)になる。現在の受信料は地上契約が月額1260円、衛星契約が同2230円(ともに口座振替、クレジットカード払い)。【屋代尚則、井上知大】

 経営委員会(委員長・石原進JR九州相談役)が同日、受信料値下げを盛り込んだ18~20年度経営計画の…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです