メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱案 議会、来月11日採決 与党80人以上反対か

 【ロンドン矢野純一】英国のメイ首相は26日、欧州連合(EU)離脱の合意案の議会での採決を12月11日に行う方針を明らかにした。与党保守党内では多くの議員が合意案に反発しており、議会承認は困難な状況だ。メイ氏は国内各地を訪問して直接、国民に支持を呼びかけて巻き返しを図る。

 審議は来月4日から行われる。否決されても政府側は再度、下院で採決を求めることができるとされるが、最終的に否決されれば、来年3月に合意のないまま離脱することになり、社会や経済が大混乱する恐れもある。

 英下院(定数650)で承認に必要な過半数は、正副議長や合意案の採決に参加しないことを党是としている…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです