メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

戦争しか知らない子供たち エルサレム支局・高橋宗男

 パレスチナ自治区ガザで、3月末に反イスラエルデモが始まってまもなく8カ月になる。毎週金曜日、故郷を追われたパレスチナ人のイスラエル領内への帰還などを求めるデモは、イスラエルとの境界近くで今も続く。参加者の多くは若者たち。ガザ保健当局は、境界を越えようとするデモ参加者へのイスラエル軍の銃撃などで、これまでに250人以上が死亡、2万人以上が負傷したとしている。

 「若者たちはなぜ、境界に行くと思いますか」

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです