メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
G20

自由貿易焦点 米中対立、議論を左右 30日開幕

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が30日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開幕する。12月1日まで。深刻化する米中貿易戦争が世界経済のリスクとして懸念されるなか、各国が自由貿易の重要性と保護主義への対抗姿勢を確認できるかが焦点。サミットに合わせて予定される米中首脳会談の結果が、G20の議論に大きな影響を及ぼしそうだ。

 昨年のG20サミットでは、首脳宣言に「すべての不公正な貿易慣行を含む保護主義と闘う」との文言が盛り…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文758文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです