メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

求められる酪農家の働き方改革=農業ジャーナリスト・青山浩子

青山浩子さん

 全国から東京に集まった酪農家と懇談する機会があり、厳しい環境に置かれた酪農家の生の声を聞いた。親が酪農を営むものの「仕事が大変なわりに収入は少なく、継ぐつもりはない」と率直に語る若い女性がいた。「自分は望んで就いたが、子供に強いるつもりはない」という女性の酪農家もいた。だが真剣なまなざしは「どうすれば子供に譲れる酪農ができるか」を模索しているようだった。

 搾乳、エサやり、排せつ物処理などが1日に2、3度ある酪農家が牧場を空けることは並大抵ではない。従業員に業務を任せる経営体も増えているが、従業員が少ない経営体は、休みを取る従業員の穴埋めを経営者自身がおこなう。終日外出する際、代わりに作業を担う酪農ヘルパーを派遣してもらうが、有償である。「自分が休みを取るために、お金を払う職業が他にあるだろうか」という酪農家の言葉は重い。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです