メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

知的障害者に配慮 「LLブック」最新刊 「ともだちって どんなひと?」

「社会の役に立つ本を作れてうれしい」と話す濱口瑛士さん(左)と赤木かん子さん=東京都内で、坂根真理撮影

 誰もが読みやすいように工夫された本「LLブック」の最新刊「ともだちって どんなひと?」(埼玉福祉会)が発売された。手がけたのは、児童文学評論家の赤木かん子さん(61)と、ディスレクシア(読み書き障害)をもつアーティストの浜口瑛士(えいし)さん(16)。一体どんな本なのだろう。

 LLブックは、知的障害がある人など一般的な情報提供では理解が難しい人でも楽しく読書できるよう、難しくない言葉や分かりやすい絵で構成された本のこと。読むことが苦手な人も読書を楽しめるとあって、LLブックを並べる図書館もあるという。

 最新作「ともだちって どんなひと?」は、知的障害がある子どもをもつ親から「知っている人は全部友達だ…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです