メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

子どもの頃見た「風景」作品に あまんさん、富安さん「ふしぎの描き方」講演

作品について語り合う児童文学作家のあまんきみこさん(右)と富安陽子さん=東大阪市荒本北1の大阪府立中央図書館で

 児童文学の世界でファンタジーを紡ぐ名手、あまんきみこさん(87)と富安陽子さん(59)の作品の魅力に迫ろうと、両者に「ふしぎの描き方」を語ってもらう講演会(主催・大阪国際児童文学振興財団)が10日、東大阪市の大阪府立中央図書館で開かれた。

 あまんさんは1968年「車のいろは空のいろ」でデビュー。作品の舞台は日常に近いが、猫やキツネなどが登場して、読者を現実と不思議が融合した世界へといざなう。

 あまん作品には「雨のすきま」という表現がある。幼いころ、祖母から天気雨を「きつねの嫁入り」と呼ぶと…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです