メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おはなしめぐり

「JXTG児童文化賞」を受賞 奥本大三郎さん(74) 夢中になれる体験をして

「JXTG児童文化賞」を受賞・奥本大三郎さん(74)

 ファーブル昆虫記の翻訳を手がけた仏文学者の奥本大三郎さん(74)が今月、児童文化の発展に貢献した個人や団体に贈られる「JXTG児童文化賞」を受賞した。虫を通じて子どもたちと交流を続けてきた奥本さんは「子どもたちに夢中になれる体験をしてほしい」と語る。

 ファーブルは私がやりたかったことを全部書いてくれた先輩のような存在です。病気で寝たきりだった小学4年のころ、初めて「ファーブル昆虫記」を手に取り、繰り返し読みました。今は新しい本がどんどん出ては子どもたちの目の前を通過する。1冊の本をぼろぼろになるまで読む子は少ないですね。でも、同じ本を何度も何度も読んで、この虫が見たいなあと思っていたら、それを実際に見た時のうれしさは忘れられないでしょう。

 2006年に開いたファーブル昆虫館には、たくさんの子どもたちがやってきます。クワガタなんかに詳しく…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1030文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです