メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「JXTG児童文化賞」を受賞 奥本大三郎さん(74) 夢中になれる体験をして

「JXTG児童文化賞」を受賞・奥本大三郎さん(74)

 ファーブル昆虫記の翻訳を手がけた仏文学者の奥本大三郎さん(74)が今月、児童文化の発展に貢献した個人や団体に贈られる「JXTG児童文化賞」を受賞した。虫を通じて子どもたちと交流を続けてきた奥本さんは「子どもたちに夢中になれる体験をしてほしい」と語る。

 ファーブルは私がやりたかったことを全部書いてくれた先輩のような存在です。病気で寝たきりだった小学4年のころ、初めて「ファーブル昆虫記」を手に取り、繰り返し読みました。今は新しい本がどんどん出ては子どもたちの目の前を通過する。1冊の本をぼろぼろになるまで読む子は少ないですね。でも、同じ本を何度も何度も読んで、この虫が見たいなあと思っていたら、それを実際に見た時のうれしさは忘れられないでしょう。

 2006年に開いたファーブル昆虫館には、たくさんの子どもたちがやってきます。クワガタなんかに詳しく…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1030文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです