特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

「書の甲子園」仙台育英高が団体初V

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 “書の甲子園”で知られる「第27回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)実行委員会(鬼頭墨峻実行委員長)は27日、審査の結果を発表した。12の国・地域から1万4458点の応募があり、個人の部で文部科学大臣賞2点、外務大臣賞1点、大賞12点、準大賞23点、優秀賞45点、秀作賞139点、入選1845点の計2067点が決まった。団体の部は、宮城県の仙台育英高校が初の全国優勝に輝いた。(6面に仙台育英高校教諭、渡辺章紀さんの「ひと」)

 入賞・入選作品は2019年1月29日~2月3日、大阪市立美術館で展示されるほか、優秀作品は全国数都市で巡回展示される。上位入賞個人、団体は次の通り。(敬称略。数字は学年。この他の成績は関係地域面に掲載)

<個人の部>文部科学大臣賞=小倉風羽(仙台育英2)衛藤碧(大分南3)▽外務大臣賞=重光喜心(アメリカ・ISベルビュー2)▽大賞=阿部穂乃加(北海道札幌北3)小清水琢人(北海道旭川商3)荒みさき(仙台育英3)小林由依(埼玉・伊奈学園総合2)綾部冬菜(千葉・袖ケ浦3)秋谷理穂(東京・豊島岡女子学園3)西嶋香菜(岡山・明誠学院2)矢野菜々美(愛媛・伊予3)佐藤希(大分・竹田3)渡辺恵果(大分・中津北2)魯美君(マレーシア・古晋中華一2)張語〓(台湾・中興大付台中農2)

<団体の部>全国優勝=仙台育英▽全国準優勝=大分南、岡山・明誠学院▽地区優勝=北海道札幌北、仙台育英、埼玉・滑川総合、千葉・袖ケ浦、静岡・浜松学芸、三重・津、兵庫・武庫川女大付、兵庫・芦屋、岡山・明誠学院、徳島・名西、大分南(近畿地区は同点2校優勝)

あわせて読みたい

注目の特集