メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

衣も食も、定額制で「お得感」

定額制サービスで利用しているスーツを手にする東山貴彦さん=千葉県船橋市で、田口雅士撮影

 定額制サービスといえば動画や音楽の配信が知られているが、最近は衣料や飲食などにも広がっている。消費者意識の変化や好みの多様化が背景にある。どんな利点があるのだろう。

 定額制サービスは「サブスクリプション」とも呼ばれる。この言葉には雑誌の「予約購読」や「定期購読」という意味があり、転じて、商品やサービスを利用した期間に応じて料金を支払う仕組みを指すようになった。ネットフリックスの動画配信やスポティファイの音楽配信などが当てはまるが、最近はさまざまな分野に広がっている。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです