メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
賢い選択

頭の病気/下 MRIやPETを使った認知症診断 発症の危険性、判定困難

脳萎縮、認知機能低下に直結せず 症状ない人の検査、否定的

 超高齢社会を迎え、誰もが気になる認知症。なるべく早く見つけて病状の進行を抑えたいところだが、磁気共鳴画像化装置(MRI)や陽電子放射断層撮影(PET)を使った診断はどれだけ有効な検査なのか。「賢い選択」の3回目は、MRIやPETを使った認知症検査について、その期待と現実をまとめた。【渡辺諒】

 脳が萎縮し、記憶や思考力など認知機能が低下する認知症。症状が進行すれば、日常生活すらままならなくな…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2290文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 台風10号 住宅柵損傷、フェンス所有者特定へ 福山市が対策検討 /広島

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです