メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

頭の病気/下 MRIやPETを使った認知症診断 発症の危険性、判定困難

脳萎縮、認知機能低下に直結せず 症状ない人の検査、否定的

 超高齢社会を迎え、誰もが気になる認知症。なるべく早く見つけて病状の進行を抑えたいところだが、磁気共鳴画像化装置(MRI)や陽電子放射断層撮影(PET)を使った診断はどれだけ有効な検査なのか。「賢い選択」の3回目は、MRIやPETを使った認知症検査について、その期待と現実をまとめた。【渡辺諒】

 脳が萎縮し、記憶や思考力など認知機能が低下する認知症。症状が進行すれば、日常生活すらままならなくな…

この記事は有料記事です。

残り2065文字(全文2290文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです