連載

賢い選択

確かな医療を賢く選択できる術を報告する。

連載一覧

賢い選択

頭の病気/下 MRIやPETを使った認知症診断 発症の危険性、判定困難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

脳萎縮、認知機能低下に直結せず 症状ない人の検査、否定的

 超高齢社会を迎え、誰もが気になる認知症。なるべく早く見つけて病状の進行を抑えたいところだが、磁気共鳴画像化装置(MRI)や陽電子放射断層撮影(PET)を使った診断はどれだけ有効な検査なのか。「賢い選択」の3回目は、MRIやPETを使った認知症検査について、その期待と現実をまとめた。【渡辺諒】

 脳が萎縮し、記憶や思考力など認知機能が低下する認知症。症状が進行すれば、日常生活すらままならなくなる。厚生労働省の研究班は、患者数が2025年に約700万人にまで増えると推計する。12年の1・5倍もの数だ。

この記事は有料記事です。

残り2011文字(全文2290文字)

あわせて読みたい

注目の特集