メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

妊婦の感染怖い風疹 大人に予防接種を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 毎週、患者数が増えていく風疹のニュースを、僕ら産婦人科医は切歯扼腕(せっしやくわん)の思いで聞いています。

 風疹は発熱や全身の発疹が特徴のウイルス性感染症です。子どもの場合、はしかと比べて経過も短く、軽症が多いことから「三日ばしか」と呼ばれたりしました。でも風疹の怖さはかかった人だけにとどまりません。妊娠中に感染すると、胎盤を通り、赤ちゃんに感染してしまうのです。風疹ウイルスに感染した赤ちゃんは心臓病や難聴、白内障、発達遅滞が特徴の先天性風疹症候群(CRS)を発症します。発症の危険性は感染時期が早いほど高く、妊娠7週で感染すると、8割の赤ちゃんがCRSになります。

 風疹の流行は、過去の予防接種行政に原因があります。1977~94年度は、中学生女子のみを対象に学校…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです