メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

妊婦の感染怖い風疹 大人に予防接種を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 毎週、患者数が増えていく風疹のニュースを、僕ら産婦人科医は切歯扼腕(せっしやくわん)の思いで聞いています。

 風疹は発熱や全身の発疹が特徴のウイルス性感染症です。子どもの場合、はしかと比べて経過も短く、軽症が多いことから「三日ばしか」と呼ばれたりしました。でも風疹の怖さはかかった人だけにとどまりません。妊娠中に感染すると、胎盤を通り、赤ちゃんに感染してしまうのです。風疹ウイルスに感染した赤ちゃんは心臓病や難聴、白内障、発達遅滞が特徴の先天性風疹症候群(CRS)を発症します。発症の危険性は感染時期が早いほど高く、妊娠7週で感染すると、8割の赤ちゃんがCRSになります。

 風疹の流行は、過去の予防接種行政に原因があります。1977~94年度は、中学生女子のみを対象に学校…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです