メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 アクティブシニアの活躍 地域の人の絆を再構築=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 地域包括ケアを実現するためには、暮らし慣れた地域で、できるだけ自立した生活を続けられるように、助け合える地域作りが望まれている。地域の自助・互助の仕組みを見直す動きが、少しずつ活発化してきている。少しの手助けがあれば1人暮らしを続けられる、超高齢の方々への買い物支援や、毎日の声掛け、通院の付き添いなど、地域の人同士の絆を再構築することが、特に大都市周辺の孤立した高齢者への対応として喫緊の課題となっている。

 これと相まって、すでに前期高齢者(65~74歳)の域に達した団塊世代の方々が、地域の中で、生き生き…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1108文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです