メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

衆院通過 神奈川の団地、入居2割外国人 生活の違い、地道に理解 近くに日本語教室 積極的に交流

生活上の注意が多言語で書かれた看板=横浜市泉区で、洪玟香撮影

 横浜の郊外にある神奈川県営の「いちょう団地」は古くから多国籍の外国人の移住が進み、入居世帯の約2割が外国籍だ。日本人とのトラブルも多々あったが、双方が知恵を出し合って解決策を模索してきた。入管法改正案が27日、衆院本会議で可決され、外国人労働者の受け入れ拡大にさらに近づいた。団地の歩みは、「共生社会に必要なことは何か」という問いへの道筋を示唆している。【洪〓香、石塚淳子】

 高層棟も建ち並ぶいちょう団地。敷地内の看板には、ベトナム語や中国語など多言語で生活上の注意が記され…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1367文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです