メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジェル豊胸術

健康被害 こぶや痛み訴え多数 合併症発症した30代女性「怖さと後悔しかない」

 体に吸収されない合成物を含む充填剤の豊胸術を受け合併症に苦しんだ女性が、共同通信も加わる国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の取材に答えた。

 「自然なやわらかさ」「手軽にバストアップ」--。子どもを母乳で育てた後、乳房の下垂に悩んでいた30代の女性がネット広告に目をひかれたのは昨年夏。美容クリニックで医師は「問題が起きたら取り出せる」と言ったが、詳しいリスクの説明はなかった。

 施術費は100万円超。ローンを組んで両胸に充填剤「アクアリフト」計400ミリリットルを注入。「これ…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1076文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです