メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・市尾カンデ遺跡

国内最古の大壁建物跡か 渡来人定住、4世紀の可能性

市尾カンデ遺跡で見つかった大壁建物跡=奈良県高取町市尾で、藤原弘撮影

 奈良県高取町教委は27日、同町市尾の「市尾カンデ遺跡」で、古代朝鮮からの渡来人特有の「大壁(おおかべ)建物」と呼ばれる建物跡が見つかったと発表した。年代は大壁建物としては国内最古の4世紀末~5世紀初めまでさかのぼる可能性があり、渡来人が朝鮮半島からやってきた時期を巡る議論にも一石を投じそうだ。

 大壁建物は溝に立てた柱の間に土を塗り込めて壁にするのが特徴。町教委は今年7~11月、約1000平方メ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです