関西3空港

役割見直し「火事場泥棒」 関空の地元・泉佐野市長 国際線、伊丹・神戸を警戒

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風21号による被災を契機に、関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を見直そうとする動きについて、関空の地元・大阪府泉佐野市の千代松大耕市長は27日、「火事場泥棒みたいやと思った」と強い言葉で非難した。現在国内線限定の伊丹、神戸両空港での国際線就航に強い警戒感を示した。

 9月の台風による浸水被害で関空は一時閉鎖。復旧までの特例として、伊丹、神戸での発着…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集