メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「ゲノム編集で双子」研究者、論文ではリスク指摘

 受精卵の段階でゲノム編集技術を使い、遺伝子を改変した双子を誕生させたと主張している中国の研究者が、技術の利用について「安全面で大きなリスクを負わせるため、医療上の必要性が高い場合に限るべきだ」などとする倫理原則を提言する論文を26日、米専門誌電子版に発表した。自身の行動と矛盾しており、批判的な反応が予想される。

 研究者は深セン市にある南方科技大の賀建奎(がけんけい)副教授。誕生したとする双子について、エイズウ…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文425文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです