メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

来春導入こだわるな

 事実上の単純労働分野に裾野を広げて外国人労働者を受け入れる入管法改正案は、成立すれば政策の大転換となる。にもかかわらず、詳細な受け入れ分野や見込み人数の上限なども明示されないまま、衆院法務委員会の審議はわずか17時間15分で終わった。過去の重要法案と比べても到底足りない。今国会での成立を急ぐ政府・与党の姿勢が、かみ合わないやり取りと拙速な審議を招いたと言わざるを得ない。

 法務委員会での審議入り直前には、法務省による失踪技能実習生調査の集計データに誤りも判明した。その結…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです