メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産3社連合

不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定

日産とルノーの資本関係図

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の逮捕を受けて、日産と仏ルノーの関係見直しが大きな焦点となっている。日産とルノーの間で締結している基本協定は、取締役会の構成や資本関係について取り決めをしており、関係見直しを巡る今後の両者の駆け引きのカギとなりそうだ。

 基本協定は「RAMA(ラマ)」と呼ばれ、1999年に両社が提携した際に締結され、その後数回見直された。ルノーが日産に会長を含む最高執行責任者(COO)以上の役職者を送り込むことや、日産取締役のうちルノー出身者を半数未満にすることなどを定めている。

 ルノーは日産がゴーン前会長を解任するに当たり、後任会長の指名を申し入れたが、日産はこれを拒否。日産…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1124文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです