メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ艦船拿捕

ロシア批判にトランプ氏抑制的?

国連本部ビル=会川晴之撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ、ワシントン高本耕太、ブリュッセル八田浩輔】ウクライナ海軍艦船に対してロシア国境警備隊が発砲、拿捕(だほ)した事案を受け、国連の安全保障理事会は26日、緊急会合を開催。ロシアによる2014年のクリミア半島の編入を認めない西側諸国からロシア批判の声が上がり、ロシアがそれに反論した。

 米国のヘイリー国連大使は、ロシアの行為を「不法だ。文明国のすることではない」と強く非難。英国のアレ…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです