メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊胸トラブル

ジェル注入で健康被害 学会、指針策定へ

 ジェル状充填(じゅうてん)剤を乳房に注入する豊胸術について、日本形成外科学会と日本美容外科学会(JSAPS)は27日、会員の調査で回答した132人の半数超が、こぶや感染症など健康被害を訴える患者を診たとする調査結果を発表した。JSAPSは1年以内に使用自粛の指針を策定する。

 両学会会員への調査は6~7月、JSAPSが3874人に実施し、132人が回答。うち72人が「合併症を発症した患者を診たことがある」と答えた。健康被害の種類は、こぶが44%で最も多く、感染症(22%)、皮膚変化(8%)など。注入されていたのは計83症例で、チェコ製充填剤「アクアフィリング」が24%で最多。ヒアルロン酸系17%、シリコーン系17%、ウクライナ製とされる「アクアリフト」7%が続いた。

 アクアフィリングやアクアリフトなど人体に吸収されない「非吸収性充填剤」について、JSAPSは「長期…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1840文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. 「小6がゲーム取り上げられ包丁振り回す」事例も ゲーム障害による人格崩壊とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです