メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊胸トラブル

ジェル注入で健康被害 学会、指針策定へ

 ジェル状充填(じゅうてん)剤を乳房に注入する豊胸術について、日本形成外科学会と日本美容外科学会(JSAPS)は27日、会員の調査で回答した132人の半数超が、こぶや感染症など健康被害を訴える患者を診たとする調査結果を発表した。JSAPSは1年以内に使用自粛の指針を策定する。

 両学会会員への調査は6~7月、JSAPSが3874人に実施し、132人が回答。うち72人が「合併症を発症した患者を診たことがある」と答えた。健康被害の種類は、こぶが44%で最も多く、感染症(22%)、皮膚変化(8%)など。注入されていたのは計83症例で、チェコ製充填剤「アクアフィリング」が24%で最多。ヒアルロン酸系17%、シリコーン系17%、ウクライナ製とされる「アクアリフト」7%が続いた。

 アクアフィリングやアクアリフトなど人体に吸収されない「非吸収性充填剤」について、JSAPSは「長期…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです