メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良・高取

市尾カンデ遺跡で大壁建物跡 渡来人特有

 奈良県高取町教委は27日、同町市尾の「市尾カンデ遺跡」で、古代朝鮮からの渡来人特有の「大壁(おおかべ)建物」と呼ばれる建物跡が見つかったと発表した。年代は大壁建物としては国内最古の4世紀末~5世紀初めまでさかのぼる可能性があり、渡来人が朝鮮半島からやってきた時期を巡る議論にも一石を投じそうだ。

     大壁建物は溝に立てた柱の間に土を塗り込めて壁にするのが特徴。町教委は今年7~11月、約1000平方メートルを発掘し、建物跡とみられる幅約50センチの溝や直径30~40センチの柱穴を16棟分確認した。近くで見つかった土器の分析から遺跡は4世紀末~5世紀初めの可能性があるという。また、東西14・5メートル、南北13メートルの完全な形で溝が確認された1棟が、国内最大級としている。

     渡来人が日本に来た時期については、雄略天皇時代(5世紀後半)との見方が多いが、日本書紀の記述や考古学の分析からさらにさかのぼるとの指摘もある。水谷千秋・堺女子短大教授(古代史)は「考古学的には4世紀末の渡来系遺跡が出てきており、雄略朝より前に渡来集団が存在していたことを示す貴重な史料だ」と話している。【藤原弘】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
    2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
    3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
    4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
    5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです