メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

浜田靖一氏/下 「天切り松 闇がたり」 国会対策も「義理と人情とやせ我慢」

インタビューに答える浜田靖一・衆院議員=東京都千代田区永田町の衆院第2議員会館で2018年11月12日、宮本明登撮影

ロングバージョン

 この小説は、スリや盗っ人の元締だった男が、大正時代の仲間たちとの逸話を振り返る設定の作品だ。「どこまでいっても親分は一人」という筋を通そうとする男が描かれる。主人公のべらんめえ口調のセリフの響きが、読んでいるだけでも耳によみがえってきて心地よい。

 主題は「義理と人情とやせ我慢」。(元官房長官の)梶山静六先生が常々言っていたことと重なる。党の国対委員長もやらせてもらった身からすると、国対(国会対策)には、まさにそれが必要だ。

 自民党の政治家は、得意な政策の分野ごとに「○○族」と言われれたりする。それで言うと、僕は「国対(国…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです