メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

宮本輝さん 「責任果たせて安堵」 小説「流転の海」シリーズ完結

 作家、宮本輝さん(71)の小説「流転の海」シリーズが、今年10月刊行の第9部『野の春』(新潮社)で完結した。父をモデルにした人物を主人公に据え、戦後の日本を生きる家族の姿を丹念に、そして濃密に、37年書き続けた大作だ。「市井の人々の物語を書きたかった。書き終えてしばらくしてようやく、大きな達成感が湧いてきている」と心境を語る。

 シリーズの主人公は宮本さんの父をモデルにした松坂熊吾。闇市ひしめく戦後すぐの日本で事業に奔走し、大…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1141文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 両陛下、トランプ大統領夫妻を歓迎 皇居宮殿で会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです