メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村治佳織

映画音楽で新境地 アルバム「シネマ」

 クラシックギターの村治佳織が、映画音楽だけを集めたアルバム「シネマ」(ユニバーサル)を発表し、注目されている。村治はデビューして25年。20年前のアルバム「カヴァティーナ」(ビクター)でもタイトル曲や「マイ・フェイヴァリット・シングス」「コーリング・ユー」など映画音楽にチャレンジしている。

 村治は「世界の音楽ビジネス状況がCDからインターネットに移行し、『何をどう作るべきか』も変化している。新しいファンも取り込み、クラシックギターの魅力を広めるチャンスでもある。私は音楽の世界を旅する旅人なので、どんな場所にも行って楽しみたい」とポピュラー音楽への挑戦をにこやかに説明する。

 原作がポピュラーといっても、リスナーの耳にはクラシカルに聴こえる。村治は「それはよかった」と一息つ…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです