メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村治佳織

映画音楽で新境地 アルバム「シネマ」

 クラシックギターの村治佳織が、映画音楽だけを集めたアルバム「シネマ」(ユニバーサル)を発表し、注目されている。村治はデビューして25年。20年前のアルバム「カヴァティーナ」(ビクター)でもタイトル曲や「マイ・フェイヴァリット・シングス」「コーリング・ユー」など映画音楽にチャレンジしている。

 村治は「世界の音楽ビジネス状況がCDからインターネットに移行し、『何をどう作るべきか』も変化している。新しいファンも取り込み、クラシックギターの魅力を広めるチャンスでもある。私は音楽の世界を旅する旅人なので、どんな場所にも行って楽しみたい」とポピュラー音楽への挑戦をにこやかに説明する。

 原作がポピュラーといっても、リスナーの耳にはクラシカルに聴こえる。村治は「それはよかった」と一息つ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  5. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです