メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

有村架純 経験するほど自信失う 映画「かぞくいろ」主演

=丸山博撮影

 今、女優として壁にぶつかっているという。

 「20代前半まではひたすら突き進んでいれば良かったのですが、経験を積むに従って、だんだん自信が持てなくなってきて……。何かをつかんだ実感が持てないんです」

 NHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)で主人公みね子を演じた後、彼女は「けなげで一生懸命な」イメージを壊すかのごとく、さまざまな役に挑んでいる。映画「ナラタージュ」(同)では妻のいる恩師との関係を断ち切れない女性、放送中のTBS系ドラマ「中学聖日記」では10歳年下の生徒と恋愛関係に陥る教師、といった具合だ。

 今年25歳。求められることが変わってきた。「これまでは等身大の役を自分に近づけて表現してきましたが…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1215文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです