蒔絵年賀状づくり

最盛期 会津若松 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 会津若松市馬場町の関漆器店工房で、会津地方の伝統工芸である蒔絵(まきえ)の技術を生かした年賀状づくりが最盛期を迎えている。

 年賀はがきの裏面に塗料を重ね塗りし、乾く寸前に金粉などをまぶして仕上げる。来年のえとにちなみ、イノシシにまたがった守護神「摩利支天(まりしてん)」や、定番の起き上がり小法師な…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集