メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

埼玉・三芳 富の川越いも 美味のもとは堆肥 270年以上続く伝統農法 /東京

 「栗(くり)より(九里四里)うまい十三里」。江戸と川越が十三里離れていることをもじって、江戸時代からそのおいしさを伝えられてきたのが埼玉県三芳町の特産「富(とめ)の川越いも」だ。美味のもとといわれているのが落ち葉を堆肥(たいひ)にする土で、約270年以上前から続く伝統農法として知られる。10月の収穫最盛期、12代続くサツマイモ農家「江戸屋弘東園」を訪れた。【中川友希】

 見渡す限りの広大な畑で、同園代表の伊東蔵衛(くらえ)さん(68)が、今年で品種発見から120年を迎えるサツマイモ「紅赤(べにあか)」を家族で収穫していた。

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです