メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

石川県能登町 浜谷七郎兵衛 サツマイモで飢饉救う /北陸

白丸公民館での干しいも作りで使われた地元産のサツマイモ=石川県能登町白丸で、石川将来撮影

 江戸時代後期、能登に浜谷七郎兵衛(はまやしちろべえ)という人物がいた。サツマイモを地域に広め、飢饉(ききん)から人々を救った偉人らしい。「能登の青木昆陽」とも呼ぶべき七郎兵衛の故郷を訪ね、足跡をたどった。【石川将来】

 サツマイモといえば江戸中期の蘭学者・青木昆陽だ。中国の文献などで研究を重ね、江戸周辺でのサツマイモ栽培に成功。1782~87年の天明の大飢饉では、多くの人がサツマイモで飢えをしのいだ。

 現在の石川県能登町で七郎兵衛が生まれたのは、その約20年後、1801年と言われている。地元の白丸公…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです