メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風呂敷教室

若者よ、なに包む? 研究会代表・森田さん 京丹後・峰山高弥栄分校 /京都

花結びを紹介する森田知都子さん=京都府京丹後市の峰山高弥栄分校で、安部拓輝撮影

 京丹後市の府立峰山高弥栄分校で27日に「風呂敷教室」が開かれた。講師を務めた「ふろしき研究会」代表の森田知都子さん(71)は「一生で一回だけの授業かもしれないから、いつか思い出してね」と話し始めた。【安部拓輝】

 旧峰山町出身の森田さん。幼い頃は風呂敷が日常にあった。「その結び方は違うよと母に教わりながら使い方を身につけました」。スーパーでプラスチックの買い物袋…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 志村けんさん像設置へクラウドファンディング 東京・東村山市、目標2400万円

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです