メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

篠山市立歴史美術館=兵庫県 旧法廷の雰囲気感じて

1981年まで使用されていた法廷がそのまま残っている=兵庫県篠山市呉服町の篠山市立歴史美術館で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 国内最古級の木造裁判所の法廷がそのまま残る、兵庫県篠山市の市立歴史美術館。1891(明治24)年に建てられた旧篠山区裁判所は、1981(昭和56)年まで使用されていた。平成の時代も残りわずかとなったが、明治・大正・昭和の3時代にわたって司法の場であった旧法廷を肌で感じてきた。【前本麻有】

 木造平屋の桟瓦ぶき、棟瓦は菊紋入りで、重厚感が漂う外観だ。井関保夫学芸員が「まずは特別展へどうぞ」…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです