メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バリアフリー婚活

恋する気持ちに障害はない 条件は年齢と定職だけ 芦屋で来月15日 /兵庫

「出会いの場」で、お菓子作りを楽しむ障害者たち=2018年2月、阪神南地域ビジョン委員会・夢ひろばグループ提供

 芦屋市呉川町の木口記念会館で12月15日、「100色・バリアフリー婚活」が開かれる。障害がある婚活中の人向けの出会いの場だが、人は皆それぞれ違うという十人十色の数字を掛け算して名付けているように、障害の有無は参加条件ではない。条件は年齢制限と定職があるかだけだ。【生野由佳】

 阪神南県民局の公募ボランティアグループ「阪神南地域ビジョン委員会・夢ひろばグループ」が企画し、婚活パーティーを手がけるNPO法人「出会い応援団おむすび」が協力して開く。

 委員会メンバーで、おむすび代表の佐久間壮仁(たけひと)さん(45)は「障害があってもなくても、恋愛…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです