メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第8部 JTB/1 時代の変化に直面(その1)

大久野島でウサギとたわむれる訪日外国人客=竹地広憲撮影

外国人目線、驚きと確信

 港に下りると、数羽のウサギがぴょこぴょこと近づいてきた。広島県竹原市内の港から船で15分。瀬戸内海に浮かぶ大久野島には、900羽を超える野生のウサギが生息する。公園や原っぱなど至るところで、外国人観光客らがしゃがみこんでウサギをなでたり、スマートフォンで写真を撮ったりして楽しんでいる。イスラエルから来たというプログラマー、ナタリー・ゴールド(22)は「本当にキュート。ウサギが大好きなの」と満面の笑みを見せた。

 戦時中は毒ガスが製造されていた島内には、貯蔵庫などの廃虚が点在。人はほとんど住んでいない。この周囲…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです