メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳

1日会談 貿易緊張緩和なるか

 【ワシントン高本耕太、ブエノスアイレス河津啓介】30日からブエノスアイレスで開会する主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席が12月1日、貿易戦争後初の首脳会談に夕食を交えながら臨む。

 米中首脳の直接会談は昨年11月のトランプ氏による北京訪問以来。トップ会談で緊張緩和の糸口がつかめるかが焦点となる。

 高関税発動の応酬が続く貿易問題を中心に協議される見通しで、ホワイトハウスで27日に記者会見したクドロー米国家経済会議(NEC)委員長は「大統領は、ディール(取引)を結べる可能性は十分にある、と考えている」と述べ、何らかの合意に至ることへの期待感を示した。一方で、不調に終われば追加関税を予定していると警告した。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです