メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

中国、大豆高騰続く 報復関税、国内に影

米中に挟まれるインド太平洋

 30日に開会する主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席による米中貿易戦争激化後初の首脳会談が予定されている。だが、激しさを増す貿易戦争が「休戦」となるかは不透明だ。米側の制裁に報復関税で応じた中国国内では影響が広がり、長期戦に備える動きも出始めた。

 「貿易戦争で豚肉が値上がりするかもと聞くと、本当に心配になる」。北京市民の台所、三源里菜市場で500グラム18元(約300円)のバラ肉を買っていた会社員、卿佳さん(38)が表情を曇らせた。食べ盛りの中学生の息子と夫は豚肉料理なら何でもよく食べるという。中国で肉といえば豚肉。まだ値上げされていないが、市民は価格動向に敏感だ。

 北京から車で1時間。河北省三河市の養豚業者、李建民さん(54)は「豚を育てるほど赤字が膨らむ」と嘆…

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2317文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです