メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

中国、大豆高騰続く 報復関税、国内に影

米中に挟まれるインド太平洋

 30日に開会する主要20カ国・地域(G20)首脳会議では、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席による米中貿易戦争激化後初の首脳会談が予定されている。だが、激しさを増す貿易戦争が「休戦」となるかは不透明だ。米側の制裁に報復関税で応じた中国国内では影響が広がり、長期戦に備える動きも出始めた。

 「貿易戦争で豚肉が値上がりするかもと聞くと、本当に心配になる」。北京市民の台所、三源里菜市場で500グラム18元(約300円)のバラ肉を買っていた会社員、卿佳さん(38)が表情を曇らせた。食べ盛りの中学生の息子と夫は豚肉料理なら何でもよく食べるという。中国で肉といえば豚肉。まだ値上げされていないが、市民は価格動向に敏感だ。

 北京から車で1時間。河北省三河市の養豚業者、李建民さん(54)は「豚を育てるほど赤字が膨らむ」と嘆…

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです